おひとりさま(独身女性)の老後とすべきこととは?

こんにちは、ブログライターのmisaです。

老後・・・それは将来、誰にでも必ず訪れることです。

その老後をハッピーに過ごせるか、孤独に過ごすか・・・

特に、独身であるおひとりさまは配偶者がいない精神的な不安もあり、将来の老後を真剣に考えておいた方が賢明ですね。

老後にまず考えなくてはいけないのが将来に必要なお金のこと。

公務員や一部の企業以外、女性のお給料は男性よりもぐっと低くなっています。

今の時代は老後の事を考え、出来れば若いうちから対策を練ることは必須だとも言われていますね。

ですが、独身であるおひとりさまの女性はなお更のこと。

いつかやってくる老後の心配を少しでも減らせることが出来るのであれば、思い立ったときからでも将来の事を考えてたほうが良いかもしれません。

まだ20代だから!

30代なので、老後までは考えられない!

そう思うのは当然かもしれません。

でも、若いからこそ考えなくては将来が大変なことになりかねないのです。

若ければ若いほど、将来にもらえる年金額が少なくなる仕組みになっています。

しくみと言わなくてはならないのが、どうしても理由があるからなのです。

年々子供の出産率が減ってきている・・・

年金世代を支えている若い世代よりも65歳以上と言われるシルバー世代の方がダントツ多いのです。

年金世代を支える若い人たちも同じ人数比率だったら心配ないのですが。

今の年金を払っている世代は今のお年寄りを支えている・・・

少ない世代が沢山のお年寄りの年金に充てていると言うこと。

でも、今の若い世代が年金をもらう頃になったら、今の年金を受給している人たちと同じような金額の年金をもらえるかと言うと、非常に難しいのです。

沢山年金を支払ってるのにもかかわらず、若い世代ほど将来の年金額は少ないのです。

薄々でも若い世代も考えている人もいるようです。

逆にあまりにも遠い将来の事なので「今から老後のことは考えられない。その時はその時」

そんな考えを持つのは当たり前かもしれません。

漠然とした老後を考えるのは20代のうちだけかもしれませんね。

30代位になると新聞やテレビなどで、「今の若者世代の将来の年金はあてにできない!」

と、報道されているのでけっこう考えている人は考えています。

とは言うものの、30代も後半位になってからやっと真剣に老後の事を考えている人が多いかも知れませんね。

個人年金や将来の保険も兼ねた積立をかけたり、投資信託をやって見たり、本業以外の稼ぐ方法で貯金をしたり、投資物件を買ったり。

とにかく、老後の年金は期待できないと言われているので対策を練らないと貧乏な老後が待っています。

親からの資産や不動産物件があって家賃収入などが入ってくるのでしたらそれはとても恵まれています。

そうでもない限りは頑張って貯金をしておかないと!

さて、そこでおひとりさまの老後を考えてみましょう。

男性のおひとりさまと女性のおひとりさまはだいぶ違います。

収入においては男性の方が多いのが一般的。

そうなると、年金も男性の方が多い。

女性のおひとりさまの老後はもっと大変です。

ずっと独身であったのなら、かなり貯えも出来ているはずなのですが・・・

おひとりさま、独身と言う身分は自由なだけに貯金らしい貯金も計画を立てなければ貯められませんね。

自由を満喫しながらも貯めるにはどうしたら良いでしょう。

お給料から前もって貯金分を抜いて置く・・・なんてよく言われていますが、面倒くさいとだんだんやりたくなくなってしまいます。

なので、たとえ利息は少なくても積立貯金が一番良いのです。

すこしお金が余ったから貯金に回すと言うよりもなんていったって積立です。

銀行の普通の積み立てがリスクなしで心配はありません。

ただ、安心材料がある分、利息分が増えない。

それならば、同じくリスクがない保険の積立をするのもアリです。

メリットは保険と言うだけ会って何らかの補償がある。

利息はほぼ増える。

元本保証。

デメリットは解約する時期が規定よりも早いと元本割れ。

満期まで待たないとリスクになると言うことです。

今は4年位はそのまま積み立てておく必要がある場合が多いとのこと。

なので、絶対に何年間はおろさないと言うお金のみを貯金すること。

定期貯金は利息が普通貯金と変わらないので、好きじゃないと言う人もいます。

でも、ある一定の時期、例えば数か月たてばいつでもおろせると言う安心さがあります。

長い期間を見ることが出来るのであれば、養老保険や、証券会社で毎月分配型や福利で増えるお金の預け方もあります。

株も会社によっては嬉しい現物配当などがあります。

この先、リーマンショックなどがまたあるかもしれませんし、リスクも頭に入れておいて投資する事が望ましいですね。

仮にリーマンショックなどで、日経平均がさがり、円高になったとしても経済は巡り巡って行きます。

その時は心配で心配でしょうがなく、損切した人もいれば、塩漬けにした人もいました。

結果、このたびは塩漬けにしてた人の勝利。

ずっと経済は同じではないから。

低迷していた時期があれば、いつかは復活します。

今までの日本の経済を見ればそうです。

ここまで来た日本の高度成長はあまりないにしろ、オイルショックがあってバブル時期があって、本当に経済は山あり谷あり。

シルバー世代から初めて株などを試みるには長いスパンでは中々考えることが難しいので、若い時期から色々と勉強をして資産を増やすのも良いですね。

さて、独身女性の老後は何をすべきでしょうか?

やはり、先ほどから述べているように、なんといっても「お金」です。

お金があればほぼやりたいことが出来ます。

おひとりさまなので、パートナーがいない、子供もいない。

そうなると、老後に病気になった場合誰が面倒を見てくれるのか?

親戚の人、姪や、甥に世話になれる人もいるでしょう。

それも、自分の子供ではないのでタダと言うわけにはいきません。

身内だからこそ神経を使う。

それならば、老人ホームのようなところで気兼ねなく過ごした方が良いと思う人が少なくないそうです。

老人ホームは沢山あれど、特別老人ホームは国でやっているため格安。

でも、審査が厳しいし、高い老人ホームには入れない人が多いため人気殺到でいつも数百人待ち。

理想のホームに入る為にはやはりお金が必要。

看護師が常駐の施設だったら安心ですね。

何だかんだとお金が必要になってきますが、おひとりさまの女性が他に老後のためにすべきことは何なのでしょうか?

〇家族を作らなかった分、友人を増やす。

〇趣味やサークルで世間とかかわる事を何かしておく。

友人を増やすためには?

趣味やボランティア。

ボランティアするほど余裕がないと言うのも正直少なくないと思います。

また、趣味をするほど時間もないと言う人もいるはず。

友達といるより、むしろひとりでいる方が楽、無理に友達を増やそうとは思わない。

それはその人それぞれの考え方ですが、知り合いも少なく、誰にも看取られずに「孤独死」もいやですね。

死後数日で見つかった!

それは辛いものがあります。

数か月たって白骨化していたなんてニュースもあります。

それはいやだから、親せきや知り合いに定期的に連絡、その連絡がなかったらおかしいなと思って見に来て!

とか、他にも近所の人との連携をとって対策を練っている人もいます。

とにかく孤独死だけは避けたい・・・

何か連絡が付く人を探しておいた方が良いです。

それはまだまだ老後の話しですが。

また、独身女性と言うことは結婚をしていないということですが、無理に籍を入れなくても「事実婚」もあれば「恋人以上夫未満」と言うスタイルもあります。

昔だったらお茶飲み友達といったところですね。

異性は女性の友達とはまた違った付き合い方があるので是非異性の友人を持つのをおススメします。

楽しいから!

余談ですが、私の家の近所に未亡人と、奥様を亡くされた人がいます。

奥様を亡くされた人は娘夫婦と一緒に暮らしていて経済的にも精神的にも不安要素はなさそうです。

未亡人の方もご主人を亡くされて数十年、独立した子供がいますが、一緒には暮らしておりません。

ゴミ捨てのとき等、楽しそうに花の話しをしたりしています。

そのお二人を見ると、いくつになっても異性の友人とお話しをするのは自分自身に喝力も湧いてとても良い傾向なのだと思います。

また、近所に話す人がいると「孤独死」の心配もあまり感じないですみそうです。

とにかく、シルバー世代は孤独は禁物。

ある程度若いうちから友達を意識しておいた方が良いですね。

遠くに住む気の合う友達も良いが、近所に住む友達も意識した方がよいです。

なにはともあれ、独身女性は自分のためにお金も使えます。

「子供がいなくて、旦那さんがいないと将来たいへんよね」

なんて、心無い言葉を向ける人もいるらしいのですが、何を言われていも大丈夫な心でいられるよう今から準備をしておくと良いですね。

老後に必要なお金は3,000万だそうです。

その3,000万も準備が必要かどうかは人によると思います。

それは、・・・

〇住む家がある場合。

〇子供のいる独身女性。

〇親代々からの資産を受け継いだ女性。

〇家賃収入、他定期的に入ってくるお金がある女性。

〇恋人がいて生活費はかからない女性。

人それぞれだと思いますが、お金はためておいた方が賢明。

ただし、人付き合い、趣味などに使うお金は惜しみなく。

それじゃ、貯金出来ないよ!

と、思うのならまずは健康。

質素な食事でも栄養バランスを考えた内容にすると健康面でも安心です。

病気をしたら本末転倒です。

仕事も貯金も出来ないなんてならないように。

とは言っても人間普通に病気もします。

どんなことに直面しても、おひとりさまの独身女性は強いメンタルを持てるよう自分を育てていき、楽しく充実した老後を送れるように出来たら最高ですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です