キャサリン妃のファッションとマタニティ

こんにちわ。

ブログライターのmisaです。

ファッションリーダーとして世界にファンを持つキャサリン妃は第2子の女の子を無事に出産しましたね。

マタニティ姿のキャサリンは妊娠中でもそのファッションは注目されていました。

そして出産し、世界中のだれもが祝福をしていましたね。

[PR]

日本の皇室の女性が出産するときの世間の様子と少し違います。

やはり、日本よりも開放的な感かくもありますし、キャサリン妃の華やかさが物語っているのかもしれませんね。

キャサリン妃のマタニティ姿もかなりオシャレでした。

特に水玉の白黒のマタニティワンピースがとても人気でした。

公に出る時、そしてプライベートのときもキャサリン妃のファッションのブランドはすぐに知られることとなり同じものを購入する女性たちが続出。

彼女の公やプライベートで今までのファッションや着こなしていたブランドどはどんなものなのでしょうか。

とにかく、ファッションリーダーとしても影響のある女性なので、今までの生い立ちなども知りたくなりますよね。

さて、キャサリン妃とはどんな女性なのでしょうか?

そして、どこでウィリアム王子と出会ったのでしょうか?

キャサリン妃のファンでしたら知っているかもしれませんが、キャサリン妃の生い立ちなどを少し書きとめましょう。

キャサリン妃は1982年に生まれましたが、どんな両親から誕生したのか調べて見ました。

父親はパイロット、母親は客室乗務員であり、いわば職場恋愛で結ばれたようです。

父親の方は数代にわたって弁護士でした。

曾祖母は羊毛商を営んでおり、中流家庭で育ったキャサリン妃の父親。

かなり裕福でありますが、母親の祖父母は工員と炭鉱夫の家系であったため、労働者階級に属していました。

そのため、このたびのウィリアム王子との結婚は「炭鉱から王室へ」と、半ば嫌味のようなとらわれ方をしていたそうです。

キャサリン妃の両親は英国航空の会社を退職したのち、玩具・パーティー用品の通信販売会社を設立し大成功をおさめました。

商売が大当たりをして一家は大富豪になり、かなり裕福な一家を過ごしたことと思われます。

キャサリン妃はファッションに元々興味があったとうかがえるのは結婚前の仕事していたことにより納得します。

ブランド「ジグソー」のバイヤーをしていましたが、それは服ではなく、アクセサリ―。

アクセサリーのファッションにおける重要さは若い女性なら誰でも感じていることと思います。

ただ、ずっとそこのブランドのバイヤーの仕事はしていませんでした。

[PR]

「写真家」に転向してしまったキャサリン妃。

結婚前の仕事で培ったセンスは今も代の女性たちをくぎ付けにしていますね。

さて、 とてもセンスの良い服の着こなし方をしているキャサリン妃のファッションは、彼女のファッションを特集記事として色々な各雑誌が掲載しています。

彼女のファッションはどういう系統、そしてどこのブランドファッションが多いのか?

エレガントで女性らしく上質なファッションを好んでいました。

ワンピースは特に女性らしいエレガントさが出ますね。

のちに妃になるにはふさわしい服装の系統だったことでしょう。

なお、プライベートで着こなしていたこのファッションはコンサバ系と言われ、その中でもスローニーと言われる気品高くリッチな雰囲気をかもし出すファッションでもあります。

モデルのケイト・モスもこのコンサバ系、スローニーの代表として注目されていました。

キャサリン妃にはぴったりのファッションですね。

今まで、キャサリン妃は水玉系の模様のワンピースを何着か来ていたようなイメージがありますので、きっと彼女は水玉がお好きなのかと思います。

そして、水玉がよく似合います。

ノーブランドのワンピースだとしてもキャサリン妃が着こなせば、どこのブランドのものかと想像してしまいます。

普通に通販で洋服は購入しているそうなのです。

日本では考えられませんね。

たぶん、日本の場合は芦田淳あたりのブランドデザイナーで特注であつらえたものが多いと思います。

キャサリン妃はマタニティであれど、とてもファッションセンス抜群のものを選んでいます。

しかも、お値段の張るものばかりではなく、普通の女性が抵抗なく変える金額のものばかり。

数千円のワンピース、マタニティも購入していたそうです。

すぐに彼女の来ていたワンピースその他が調べられネットに掲載されるや否や、即刻完売だそうです。

ASOSの水玉ワンピ―スは8,900円、マタニティには見えないですし、この金額にも見えません。

やはり、同じ黒地に白の水玉の切り替えなしの彼女が来ていた37,000円のワンピースも新作で完売。

白地に黒の水玉も話題になりました。

キャサリン妃のファッションの代表が水玉模様のようなイメージさえもあります。

ZARAやTOPSHOPと言うファストファッションでも購入している洋服の面々はとてもリーズナブル。

キャサリン妃が着こなすとまるで高級なブランド物のようにも見えてしまうほど。

イギリスのマタニティブランドでセレブ御用達のマタニティワンピースはSeraphineと言うブランドの物で妊娠中は良く着用していたそうです。

こちらはかなりお手頃価格だそうでとても人気なブランドです。

また、第二子を出産されてすぐの時のファッションもかなり話題となっていました。

全体的に白で上の方は黄色のお花模様がたくさんあり、だんだんとお花の量も少なくなっている白を基調としたワンピースを着ていました。

こちらの洋服がジェニー・パッカムと言い、ますます人気になったブランドですね。

第一子出産後の時のワンピースは全体的に水色で白い水玉模様。

英国のファッションデザイナーでジェニー•ペッカムと言う女性のデザインのワンピースを着て、第一子も第二子の時もみんなの前に現れました。

さすがに、人気の英国ファッションデザイナーだけあってワンピース1着50万円位はするでしょうとの推測です。

さすがですね。

キャサリン妃の好むワンピースの形を考えてみました。

ウエスト切り替えの女性らしいワンピースがもちろん多いのですが、タイト系のあまり広がらないワンピースの形もきれいに着こなしています。

[PR]

また、水玉、無地、花柄など色々なデザインのコンサバ風なワンピースを見事に着こなしてしまうキャサリン妃。

ファストファッションの洋服でしたら、世の若い女性たちも手が出ますが、50万円ほどのするワンピースはそうそうしょっちゅう変えるものではありませんね。

でも、キャサリン妃が来ていた柄や形の洋服を創れば即完売になるそうでキャサリン効果は絶大なものだとうかがえます。

第二子を出産したばかりでまだ忙しいキャサリン妃はやがて第3子をみごもる事はまだだれにもわかりませんが、再度マタニティを着る機会があったらお気に入りのマタニティブランドデザインを手掛けるジェニー•ペッカムのファッションの服を特注するのではないかと勝手に想像してしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です