女性専用レディースキャッシングとは?

こんにちは、ブログライターのmisaです。

最近テレビのCMでもよく流れているキャッシング!

そのキャッシングに女性専用と名付けて「レディースキャッシング」と言うのがあるのをご存じでしょうか?

女性専用と言うくらいなので、女性がお金を借りる際には何かメリットのようなものがあるのではと思いがちですね。

[PR]

実は、お金を借りるそのとこ自体には女性専用のメリットはありません。

ではなぜ女性専用レディースキャッシングがあるのでしょうか?

金融会社も良いところに目を付けたのです。

ネーミングがまず「女性専用レディース」なので、聞こえも悪いイメージがないですね。

普通にキャッシングと言えば、消費者金融、カードローン、借金、闇金・・・

何となく、怖くて陰湿で、イメージが良くない。

でも、「女性専用」であって、「レディースキャッシング」と言うネーミングだったら敷居はぐっと低くなります。

なにが、女性専用だと一般的なキャッシングと違うのでしょうか?

それはまずお店で応対してくれる人が同じ女性であることが大きなポイントです。

お金を借りることそのものがなんとなく、引け目を感じる人もいると思いますが対応してくれる人が女性だったら話しやすいですね。

そこに目を付けたのです。

実際、キャッシングを利用している人男女の比率はどれくらいでしょうか。

驚きの6対4なのです。

女性は4割いると言うこと。

[PR]

それは意外と「お金をキャッシング」する女性が少なくはないということ。

男性が大半だと言うイメージだったのでびっくりです。

私もそうですが、世間的にもキャッシングする女性が4割もしめしているとは思ってもいないと思います。

だからこそ、金融業者は女性専用に何かメリットはないかと考えたのだと思われます。

ふたを開けてみたらそのメリットは実際は特にないのですが。

ただ、昔のように「キャッシング」するお店に行かなくてもすんなり借りられると言うことがすごくいい環境になり借りても心の不安が一つ
なくなったのではないでしょうか?

もちろん、そのためには審査が必要ですが。

そうなのです。

今は、そういったお店に行かなくてもインターネットで手続きが出来るのでサクサクと「キャッシング」出来てしまうのです。

ただ、法律が改正されていくつか厳しくなった条件もあります。

まず、専業主婦はキャッシング出来ない。

20歳になっていなければ(番外編で18歳から可能)借りられないのは以前から同じですが、専業主婦だってお金を借りたいと思う時はあると思います。

でも、そこは譲れない。

またいくつまでの人が借りられるかと言うのも多少会社によって違いますが、60歳、65歳、70歳と言う上限があります。

実際に収入がない場合は返す当てが厳しい。

主婦が借りることが出来ない意味も分かりますね。

結婚しているのですから、夫が借りればいいわけです。

主婦でもアルバイトやパート、もちろん定額の収入がある女性だったら喜んで貸してくれます。

番外編で専業主婦でも貸してくれる業者がありますが、条件は優しくないようですね。

さて、このレディスキャッシングはいったいどのくらいのお金を借りることが出来るのでしょうか?

年収の3分の1と言う決まりがあるそうでして、〇〇分の年収分をキャッシングしてしまうと、中々返すのもしんどくなる!
返済能力をも考えての割り振りの数字なのです。

しかし、女性がキャッシングすると言うことはどういう時なのでしょうか?

まず主婦だと、生活費が足りなくなった!

急にお金が必要になった!

教育費、ローンが返す余裕がない時、一時的に借りる・・・

色々なことでお金は急に必要になってきます。

結婚していない女性がキャッシングする理由は?

海外旅行、今までの借金を返すのに生活費が足りなくなった。

ショッピングのし過ぎ、男女間の恋愛事情で作った借金を返すため。
いろいろあれど、いくつか大きな理由に分けられます。

1.生活苦によるもの。
離婚したシングルマザーの収入は200万円にも満たないものだと言う結果が出ました。
子供がいて働くシングルマザーで働くと言うことはすべて自分の時間を労働に回すわけにはいきません。
子供との生活もあります。
そうなると、正社員よりもパートアルバイトで生活する女性も少なくはありません。
そう言った日々の生活費のためにキャッシングを利用したり、夫があまり働かない、ひとり高齢者女性などいずれもやむを得ない理由からのキャッシングもあるようです。

2.自分の物欲から借金を繰り返す女性。
エステやブランド物、訪問販売などは高額のローンを組む場合も多いのです。
カードで買い物をしても生活が苦しくなり、結局は自分の稼ぎの範囲で生活する事が難しくなっていき、キャッシングに頼ってしまう。
そう言う女性もいます。

3.仕事詐欺
好条件の仕事や、家で出来る仕事を紹介される代わりに「登録料」や「研修費用」「契約金」
そんなお金を要求されて、結局は仕事を紹介されることはなかった!

最近よくある悪徳詐欺ですね。

これこそ、女性を食い物にする詐欺です。
これは男性も引っかかっている人も多いそうで、甘い言葉には裏がある!
そして、仕事を紹介するためにお金を要求すると言うこと自体おかしな話なので、おかしいなと思ったら縁を切る事ですね。
繰り返しやすいものではありませんが、女性特有に近い借金理由です。
騙されたと言うことを知り、夫に言えずにその時に作った借金を一人で返していこうと思い、「女性専用レディースキャッシング」を頼る人もいます。

在宅ワークの甘い罠だと思って注意が必要です。

特に最近は、「副業」関連で簡単にお仕事をして高収入!と、うたう悪徳業者もいるので引っかからないようににしなくてはいけません。

4.こちらは物欲が抑えられない浪費癖や買い物の依存症のある女性たちの借金。
自分のまかなえる収入を考えずに我慢することなく買い物をし続けた結果、膨れ上がった借金。
そのため、カードローンでは補えずキャッシングをしてしまう。

もったいないですね。

少し精神的にも疾患があるのかもしれません。

普通の考えを持つ女性だったら借金をしてまでも買い物をしたいとは思いませんから。
驚くことに若い女性ばかりではなく、高齢の女性もこういった理由の借金を作ってしまったと言う例がいくつもあります。

5.賭け事、賭けマージャンやパチンコ、競輪、宝くじの買いすぎ。

これらは楽して稼ごう!

ゲーム感覚でそう思ってしまうのです。

これがもし、当たったら!勝ったら!

そんな危ない精神から借金を繰り返す人もいます。

また一昔前から、ホストクラブに夢中になり、ホストクラブに行けば何十万円と一回に使ってしまう。

気にいった男性に金品を貢いで自分の生活費は危うくなってしまう女性も。

様々な理由でキャッシングに頼らざるを得なくなった女性たち。

その女性たちのための女性専用レディースキャッシングは救世主といったところですね。

利息が女性だから安いとか他のメリットは全くありませんが・・・

コール受付が女性なので安心感がると言う部分ですね。

クレジットカードを持っている場合はそこに限度額が示してありますので、そこからお金を借りると言うことも出来ます。

限度額いっぱいに借りてしまったので、残すはこういったキャッシング。

そうならないように気を付けなくては後が大変になってきます。

お金を借りると言うことは利息が付くと言うことなので、もったいないのです。

ただ、上手に使えばお得!

それは無利息期間を利用すること。

特におススメなのがレディースレイク!

無利子期間があるのと新生銀行が運営していると言うことで「銀行カードローン」の分類に入ります。

先ほど書いた年収の3分の1借入額よりも多く借りることが可能。

一か月無利子と借りられるお金は5万円ですが、180日も無利子状態が続くプランもあるのです。

どちらかに当てはまるようだったらお得にキャッシングが出来そうですね。

少額の借金だったら何とかなっても、キャッシングによるキャッシングのような自転車操業が続き、雪だるま式になると返せなくなり、やがては「自己破産」になる女性もいるので心しておかないと大変な人生になってしまいますね。

今は昔よりも銀行で口座を作るにもすんなりにはいきませんし、クレジットカードもかなり昔よりも厳しくなったようです。

かと、言って実際は女性専用レディースキャッシングが出来て喜ぶ女性もいますが、キャッシングなんてとんでもないと言う女性の方が圧倒的です。

[PR]

キャッシングをして返せなくなり、やむを得なく自己破産手続きまでするしかなくなる事態になったら弁護士や司法書士に相談しましょう。
インターネットで借りられる時代になったのも善し悪しなのかなとも感じてしまいますが。

さて、それぞれ多少の特色があるレディースキャッシングですが、少しまとめてみました。

〇プロミスレディースは一か月間無利子。

〇ベルーナノーティスとレディースキャッシングのエレガンス

配偶者貸付を利用すれば、収入のない専業主婦でも借りることが出来ます。
〇女性のためのノーローン
無利子期間は7日間。
金利は他よりも高め。

こちらからは女性専用ではありませんが人気がります。
〇プロミス
一か月無利子期間がある。

〇楽天銀行スーパーローン
レディース専用ではないが、専業主婦のコースもあり、収入がなくても限度額50万円、年率14.5%で借りることができます

〇人気順にアコム~〇モビット~〇三菱東京カードローン~〇楽天銀行スーパーローン。

翌日振込の融資が容易だったり、コンビニや銀行が使えると言うのも借りやすさに輪をかけていますね。

どんな理由があってもキャッシングは賛成できない私ではありますが、「女性専用レディースキャッシング」の存在で非常に助かり、生活の幅が増えたと女性もいることは確かなのです。

これだけ連日キャッシングのお店のコマーシャルが流れていると言うことは需要もかなりあると言うことなのだとも思わずにはいられません。

年齢層もバラバラではありましょうが、先日ブログに書いたシングル女性の貯金額を想像すると、世の中貯金出来ている女性は確かにいる、されどキャッシングによる生活をしている女性も少なくはないと言うことがわかりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です