独身OLの日常と本音は?

こんにちわ。

ブログライターのmisaです。

今日は独身女性、オフィスレディと言われるOLの日常の本音の部分を探ってきたいと思います。

日本の独身女性と言ったら平均すると20代のOLが一番人数を占めていると思いますが、年齢問わずに独身のOLの日常はどんなものか、たてまえと本音はどう分けているのか、など面白おかしく綴ってみることにします。

まずはOLと言うと、結婚前の仕事をしている独身の女性と言うイメージですが結婚していない女性は20代30代に限った事ではありません。

[PR]

最近は40代50代でも結婚していない人がとても増えています。

周りが日常で結婚をしていくたびに独身女性はたてまえでは良い事、褒め言葉を言うけれど本音ではないでしょうね。

中には本当に結婚した友人の事を幸せになれて良かったと心から思う人はいるかもしれませんが、中々独身の女性としては本音を隠します。

結婚したことに対しての否定的なことを言ってしまったらプライドが許さない。

なので、日常では絶対にけなすような言葉を発しないのです。

30代にもなっていくと友人の結婚式に出席する事も年々人数も多くなり、出費ばかり。

自分はどうなの?

結婚相手が見つかっていない・・・となると結婚が決まった友人にはおめでとうの言葉と同時に褒めまくります。

しか~し、本音はと言うと自分が幸せになっていないのに他人様を祝福する気持ちの余裕なんかありません。

また先を越されたと追う気持ちから本音ではあまり気持ちよくはない。

まして、後輩が結婚が決まったとなったらなおさらの事。

20代はまだ良し、30代も半ば過ぎたころから焦ってきて周りは結婚して・・・

結婚した友人には良かったねと一緒になって喜んだりしてますが。

ほんとう?

自分が納得のいく日常を暮しているのならまだしも、やはり悔しいきもちが本音でしょう。

30代を通り越して40代も前半50代ともなるとそういった焦りの気持ちもなくなります。

[PR]

冷静に見ることが出来てしまうのです。

酸いも甘いもわかってしまう。

はたして結婚が自分にとって幸せなのかどうか。

ひとりでのんびり一生を過ごす人生もまんざらでもないと思ってくるのです。

まして周りも結婚生活の年数が経ち、愚痴も聞かされてくるので結婚しないでいるのもアリかもと思うのですよね。

そうなってしまうと結婚しない50代へまっしぐら。

一生独身でいると言う仲間入りになります。

生涯独身でいるデータは50歳の時点で結婚しているかどうかで分析しています。

ですので50代になっている人はもう一生結婚しないと言うくくりの中にはいってしまうのです。

仕事がうまくいっている20代、30代を通り過ぎた女性は仕事よりも結婚に魅力を感じないのです。

また、日常的に異性とのかかわりがあまりない場合も出会うチャンスがなかったと言う事で一生独身組になってしまうのです。

20代、30代と40代、50代の独身OLでは結婚に対する本音もだんだん違ったものになって行きます。

仕事がうまくいっている独身女性は、一生の投資としてマンション購入する人も近年たくさん出てきているといいます。

マンションを買ったから頑張って働かないと!彼氏どころではなくなっちゃうと思い、結婚適齢期をはるか遠くになってしまうのです。

一生独身でいるかもしれないと言う事で、家賃を払うのがバカらしきなったり、人に貸すことを視野に入れてマンションを買う人も増えてきました。

結婚するか、そのままか、それこそ幸せは自分の心が決める(by相田 みつを)ですね。

さて、独身女性の気になる貯蓄高はどうでしょうか。

相変わらず若い時からお金を貯めることが出来ない女性もいます。

使い方、消費の仕方によって同じお給料でも貯金が出来る人、出来ない人に分かれてきます。

コンビニが大好きな女性、自動販売機が大好きな女性。ドラッグストアが大好きな女性、洋服や靴が大好きな女性。引っ越し好きな女性。インテリアにお金をかけたりする女性。ごちそうするのが好きな女性。計画を立てられない女性。パチンコなどギャンブルが好きな女性・・・

使うお金が半端でない人もいるので、常に身内にお金を借りている女性。

まだまだいます。

独身女性は自分に磨くお金も惜しまない人が多いのです。

一昔だったら考えられなかったヒーリングの世界にはまっちゃっている女性も最近は多くなったそうです。

スピリチアル系だったり、手相だったり、自分にプラスになる方法を模索している女性もた~くさん。

しかも、ヒーリング系は稼げるそうなんです。

稼げると言う事はクライアントがそれなりのお金がかかると言う事。

知り合いのヒーリングサロン経営している方によれば、二日で10万円の講座を時々すると言う事です。

そういったヒーリング系のお勉強をお金を出してすることには全く惜しみないようです。

それだけ、スピリチュアルの力によって安心したい気持ちになるのでしょう。

また、手相にはまる30代40代や電話占いに頼る独身OLの日常などなど・・・。

はたしてどれくらいの割合の独身女性たちが精神的な要素のあるセラピーに頼っているのかはさだかではありませんが、電話占いなどは友達身内には内緒でひそかに行う女性も多いとのこと。

色々な日常での悩みは尽きないのです。

でも、20代とは違うので会社や友達などまわりの人間には本音ははかない。

本音を言って言ってたまるものですか!

ウソとは違うけど、中々本音と言うのは出しませんね。

結婚についてもそうですが、習い事も同僚には言わない場合も多いらしい。

「料理習っているの」と言ったら「花嫁修業?」と、言われるのがおちだからだそうです。

30代40代女性一人が結婚の予定も特にあるわけではなかったらまずは貯金をしていかなくてはいけない。

さて、そこで30代40代独身OLの平均貯蓄額はいくらぐらいなのでしょうか?

ますは30代の独身OL→約530万円。(35歳水準です)

10年以上は働いているはずであり、毎月5万円貯金出来たら600万円強貯金出来る計算です。

ただ、20代だと収入も少ないでしょうし、洋服や化粧品など自分に描けるオシャレ代金もかなり使う時期もあったと思いますので年齢が落ち着いた頃にコンスタントに貯金出来た場合はこれくらいの貯金は少なくてもたまるはずです。

そこで、本音はどういったときに出てしまうのか?

本当はちまちま貯金したくない。オシャレもしたいし、旅行も行きたい。

でも、30代も過ぎてくると周りのOLの年収や貯蓄額も気になってきますね。

あまりケチケチとした付き合いはしたくない。

「貯金なんてしてないわよ~。全然ないもの」

そう言っている人も少なくはないと思います。

30代40代の独身女性の結構な人数が老後の不安からかなりたくさんお金を貯めていると調査結果も出ています。

また高額の貯蓄額の女性はマンション購入なども視野に入れているようですね。

だれかと将来結婚して家の心配がないとは限らないので、毎月固定費として大きい家賃の部分をマンションなど不動産購入に充てたい人も増えています。

仮に購入したマンションなどが不必要になった時でも貸せるので投資物件としても可能です。

なので不動産購入の目的がある人はかなりの目標を持った貯金をしているようです。

実家暮らしかどうかでもだいぶ貯金出来る金額は違うようですね。

どこかで住まいを借りている場合は毎月少なくても7、8万は家賃や光熱費などにかかるので実家暮らしの方が多めに貯金出来るはずです。

毎月5万円の貯金は実家暮らしでもそうじゃない人もためられるはずですが、毎月10万円となると買い物などかなり計画をたて、日常でも安易にものを購入しないように心がけているようです。

たとえば、洋服はリサイクルショップで。本類ほか雑誌類は図書館。

コンビニは最低限しか行かない。昼食はお弁当、スーパーに行くときは閉店ま近などなど。

10万円コツコツ一年間貯めたら10年で1,200万円。40代になったら2,000万円も普通にたまりますね。

そこで、友人たちとお金の話しになると「貯金なんて持ってないわよ~」

とてもとてもこんなにお金が貯まっているなんて言えない言えない。

「貯金しないでどうするの、将来心配で心配で。貯金いくらあっても足りないじゃない」と心の中では本音がつぶやく。

さて、30代平均貯蓄額がわかったところで40代の貯金はどのくらいなのでしょうか。

40代ともなれば、数百万を通り越して1,000万円代の貯金をしている40代独身OLがけっこういるのです。

平均は数字でこのような結果ですが、中には40代でも100万円もないOLもいます。

また、40代ともなると結婚や離婚をされてまた独身に戻った女性もいますが、そこで再就職が苦戦。

収入は下がるし、子供もいたら思うように働くことも出来ません。

当選、日常にかかる生活費で目いっぱい。

貯金は中々難しかったりします。

[PR]

やはり、独身OLも環境によってずいぶん日常にも違いが出て貯蓄額も差は出てきますね。

30代40代は年齢を重ねてくるぶんたてまえと本音はいろいろ違ってくるのも当たり前と言う感じですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です