30代、40代女性の転職ランキング

こんにちは、ブログライターのmisaです。

30代、40代で転職をする女性は意外と多いものです。そこで、転職ランキングを調べて見ました。

調べた結果、ランキングにすることは難しかった!

[PR]

そう言うのも異性の好みと一緒で仕事に対しての好みや出来る内容が個人でだいぶ違いランキングとしては一定していないようでした。

しかも、女性で30、40代の転職となると今までのスキルを生かしたい人、また新たに全く違う分野でのお仕事に興味が出てしまった女性もけっこうたくさんいるのがわかっています。

たとえば、事務職をずっとやっていた女性が身内の介護にかかわるうちに介護職に就いたよいう方もいます。

ずっと同じ会社にいて、未経験で始める場合まずは収入面で下がる事は多いですね。

スキルアップが出来て特技が行かされる、又はヘッドハンティングでしたら今までの年収に上乗せした金額が考えられますが、たいてい30代、40代の女性の転職では年収ダウンが見込まれます。

年収ダウンに納得をしながらも転職したい場合は、今までの働き方が将来に何らかの不安をもたらしている時です。

たとえば、

〇会社の危機を感じている。

〇ビジネスに将来性を感じられない。

〇体力的にきつくなってくる。

〇場所移動がありそう。

〇長時間労働の割には収入が少ない。

〇遠いので、今後はもっと近場で仕事をしたい。

〇退職金が出ないのがわかっている。

等など。

女性が30代、40代での転職をする場合は仕事の不満はもちろん大半ですが、そのほかに結婚、出産をした後に仕事を再開したい場合などがあります。

もっと家庭と両立できる会社や家から近い会社で上手に転職が出来たらと思う女性も少なくはありません。

また、30代、40代と言う年齢から結婚はもちろんありますが、一度結婚をしてその後離婚。

[PR]

離婚後にパート勤めから正社員又は派遣といったようにフルタイムで働かなくてはならなくなった女性もいます。

そうなると今までのスキルをうまく使えたら転職も成功と言えますが、一度退職して別の会社に再就職となるとよっぽどのスキルを生かすことが出来ない限り、年収がダウンします。

将来性のある会社でしたら、就職した当時は大変でも数年のうちに業績が伸びてきて収入も上がる事が見込めるような会社でしたらラッキーです。

いずれにしても女性の転職ランキングは、仕事のランキングと同じで一般事務がダントツ人気ですね。

仕事として他の仕事よりもくせがないのが一般事務。

くせがないと言う言い方はよくありませんでしたね。

昔は、「私は事務しか出来ない」「事務以外はわからない」「平凡なところで事務かなぁ」「事務以外の仕事って神経を使いそう」

そんな感じで、女性の仕事は事務職が平凡で安全で安定した仕事内容と言うような意識があったようです。

そして、たいていの事務はどこの会社に行っても内容こそは違っていても基礎的な事務仕事はあまりかわりません。

ただ昔の事務と違って、事務職と言えどかなりのプロフェッショナル!

ワード、エクセルはもちろんのこと、パワーポイント、mos、場合によっては経理も一通り出来る人を望む会社もあります。

mosとはマイクロオフィススペシャリストの事。

事務の中で必要とされる実践的スキルや幅広い知識を認定する世界共通資格だそうです。

簿記は潰しがきくので、経理、会計、財務など一通り勉強しておいても無駄にはならないでしょう。

女性の中ではみんながみんな事務職を望む人ばかりではありません。

もっぱら営業職が好き、営業にたけている、そういう女性は下手に事務をやるよりも高収入を望めます。

やればやっただけの歩合など、得意な女性はそっち系がよろしいかもしれません。

事務、営業と来ましたが、ランキングとしてはマーケティングやイベントプランナーや商品企画などもランキングにはあります。

翻訳、通訳のお仕事も人気がありますが、このお仕事は今までのスキルを生かせること、通訳技能検定に合格して即戦力があれば転職組でも怖くはありませんね。

事務でも、英語が問われる貿易事務をこなせる女性は転職しても良い会社が見つかれば高収入が望めます。

システムエンジニア、プログラマーもスキルの高い仕事ですが、年齢がいっても出来るかと言うと難しいと聞いたことがあります。

また、こちらの仕事をこなせる女性は増えてきたので競争率も高いかもしれませんね。

いくつになっても出来そうな仕事が、旅行関係です。

ツアーコンダクターや窓口で旅行に行きたい人の話を聞きながら旅行の計画を立てていく!そういった仕事は事務的なスキルよりも自分に向いているかどうか楽しんで仕事が出来るかどうか、そういったことも求められています。

合っている仕事だと思えれば、とても楽しく出来そうな仕事ですね。

また、最近はスパ関係が目白押し。

求人が多いのがエステ関係やスパなどのお仕事です。

具体的に言うと、足裏マッサージとも言いますが、英国式ではリフレクソロジーも常に求人があるようです。

そして、専門性が問われるアロマセラピストも時々求人がありニーズはあります。

ただ、アロマセラピストでもいろいろあり専門的にアロマの事を学んで時間とお金をかけたひとはアロマセラピストと呼ばれますが、スパなどでの求人は研修でオイルトリートメントを少し習っただけでも仕事に入る場合も多いということです。

アロマセラピストと呼べる人はアロマの各協会で何十時間も勉強をし、インストラクターと言われるまで教えられる位のアロマについての知識を持ってこそ初めてアロマセラピストと呼ばれます。

いくつか代表的なアロマの協会を例にあげると、「アロマ環境協会」「アロマコーディネーター」「ナード」ほか。

これらは年齢に関係なく学ぶことも出来ます。

自分でフリーとして仕事をしている30代、40代、50代の女性も最近はとても多くなってきました。

フリーなので、自由ですが集客などの営業も自分でやり、技術者も自分。

それがやりがいとも言えますが、それで生活をとなるとあまりにも安定はしないので危険かもしれません。

時に、ウィークデーは普通に会社員で土日にそういったお仕事を副業でされる方も増えてきました。

普通の主婦も自分のやりたかったこととしてフリーで自宅サロンを構えてお仕事をされている女性も近年非常に増えてきました。

需要はあれど、供給がもっと高いので飽和状態でもあります。

さて、そのほか専門性を問われるお仕事はCADなどもあります。

このお仕事はずっとやっていると基礎が身に付いているので、転職してもさほど収入は減らないのではないでしょうか。

建築の設計や洋服の型紙を作るのも最近はCADを使っているようです。

また、人気なのがネイリストです。

華やかなお仕事ですね。

やはり、ネイリストになるのにも検定があって勉強もかなり時間をかけ、検定に合格するまでは大変な思いをするとか。

ネイリスト2級、1級がありますが、1級を持っているネイリストでしたら求人に対しても堂々と応募も出来ますし、収入も2級より高いのです。

やはり、頑張っただけ収入になりそうです。

このネイリストは級を持っているに越したことはありませんが、級を持っていなくてもセンスがあり、上手で人気がある場合には腕だけでどんどんレベルアップしていきます。

話しの流れから同じくデザインやセンスなどのスキルが求められるお花関係も人気です。

昔ながらのお花屋さんに務めると言う意識のもと働く時代は終わりました。

フラワーコーディネーター、フラワー装飾技工士フラワーデザイナーなど、デザイン、センスが求められる専門性の持った華やかなお仕事があります。

こちらはいきなり転職はムリで、やはりどこかのスクールで勉強又はどなたかのもとで修行するなどと行ったことが必要になってきます。

こちらもフリーでお仕事をしている女性も時々いますね。

売れっ子になったらかなりの高収入です。

フラワーデザイナーと言ったら今度はインテリアデザイナー。

このインテリアデザイナーもかなりの経験が必要ですが、今までと違った会社に転職を考えていても同じ住宅関係でしたら、今までの経験がそのままお給料になっていくと思います。

最近はインテリアコーディネーターも女性の声を聞きたがっている住宅の会社や施主が多くなっています。

ますます、このお仕事の需要はあると思いますし、年齢が高くなってもより一層経験値がものを言うお仕事なので一生困らないでしょう。

また、一般のお客さんとの接点も多いためコミュニケーション能力もあった方がより一層ベターです。

そして、わりといつでも求人があり30代40代女性の転職としてスムーズなのがショップ店員ですね。

今でいうショップ店員ですが、ショップスタッフ、婦人服や化粧品その他の販売員は需要が高いです。

そして、新メニューを開発したりするフードコーディネーターもスキルが必要ですが、女性の転職ランキングに入っています。

調理師、栄養士なども持っていたらさらに良いですね。

会社や学校などでも時々栄養士の募集があります。

収入も悪くありません。

その他、色々なお店の受付などもランキングに入っています。

スパや美容院、スポーツクラブやエステサロンなど受付の募集も時々見かけますね。

コミュニケーションや接遇などの能力は必要ですが、とても良いお仕事だと思います。

30、40代の女性の転職ランキングは調べた結果このように色々なお仕事がありました。

どの女性でもなんでもOKではなく、やはりその人の特性に合った仕事が一番ベストなわけで、一番ベストと言う事は頑張れば収入面でもアップも望めるわけです。
要は転職するときには、もう若くはないので最後の転職と言う気持ちになって一番自分に合った仕事に巡り合うことが出来たら言う事ないですね。

[PR]

<ブログライターmisaからのお願い>
*本サイトは、働く独身女性を応援する目的で運営しております。この記事がつまらなかった、役に立たなかったという場合は、このまま閉じていただいて構いませんが、もし少しでも興味を持っていただいたり、あなたのお役に立つ内容でしたら以下の「Tweet」ボタンや「いいね」ボタンを押していただいて他の方にも広めていただける幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です